空き家売却サポートブログ

空き家売却サポートセンターブログ

物件を仲介で売却する際の注意点について

不動産を売却する方法として、不動産業者を介して売却する仲介販売という方法があります。

この方法の場合、直接の不動産会社に買取査定依頼をした場合と比べると、高価な金額を提示されることが多く、売主様からするとかなりメリットが大きいように見えます。

しかしながら、買い手側は少しでも安い金額で買いたいと考えますので、初回提示額で売れることが少ないのが現状です。

そうなると不動産の販売価格を段階的に下げていき、最終的には初回の提示額よりも何百万円も下がってしまったというようなケースが生じます。
さらに売るタイミングによっては、不動産業者に買取査定依頼をした金額を大きく下回ってしまうこともあります。

このような事が起こらないように物件の価値を正確に把握し、買取が良いのか、仲介販売が良いのかを判断する必要があります。当社では買取、仲介いずれも対応可能ですので、お客様の不動産価値をしっかりと見極めた上で最適な提案をさせていただきます。

物件の売却方法でお悩みの場合は、まずは当社までお気軽にご相談ください。